定期的にじゅうたんの大掃除を

じゅうたんは外からの汚れが付着しやすいので、知らない間にシミや汚れが出来ている事があります。日ごろのメンテナンスでは、ブラシ付きの掃除機で中に入り込んでいるダニなどの害虫やほこりを掻き出す方法や、汚れの取れない場合は中性洗剤で汚れを浮かしてからふき取る方法があります。湿気が抜けない場合は、天気の良い日にそのまま干す事で、ダニなどの害虫を追い払う事が出来ます。なかなかキレイにならない場合はクリーニングの必要があります。3畳程度の小さなじゅうたんなら、自宅での洗濯が可能です。洗濯機の槽に入るように、折りたたんでから丸めて入れます。洗剤を入れて、そのまま洗濯をする事が可能です。しかし、それ以上の大きなものになると自宅での洗濯や大掃除は少々困難があります。こうした大掃除を半年に一度のタイミングなどで、クリーニングに出す事をおすすめします。クリーニング業者は、素材によってそのクリーニング方法を変えて、素材を痛めることなくキレイにしてくれます。また、落ちにくい汚れも専用の洗剤を用いてキレイに落としてくれます。じゅうたんが大きくて持ち込めない場合には、往復で配送を行ってくれる業者もありますので調べてみてください。

じゅうたんの大掃除は大変である

じゅうたんの大掃除は、皆さんどのくらいの頻度でおこなっているのでしょうか。普通の掃除だと、毎日掃除機をかけるだけになると思いますが大掃除となるとそんなに頻繁にはおこなっていないと思います。じゅうたんにも様々な種類があって、毛が短いものや長いもの。触り心地も違ったりしますね。そう言った質によっても、掃除方法が変わってくるのではないかと思います。ですが、本格的に行いとなるとそうそう毎日はやっていられないのが現状です。家庭で最低限おこなうとなると、どの様な事をおこなったら良いのでしょうか。まず、基本は掃除機がけです。綺麗にゴミを吸うことを心がけます。次に、洗濯機での丸洗いが出来れば良いのですが大きいとそういう訳にもいきません。そういう場合は、お風呂場に運びブラシで汚れを落とす作業です。綺麗に洗い、シャワーを掛け、足で踏みながら汚れと泡を落としていきます。落ちたら、脱水作業。こちらも洗濯機に入らないという場合があるので、足で踏んでいきます。ある程度水分がとれたら、小さく折りたたみまた踏むという作業を繰り返します。これ以上折れないと言う所までやったら、あとは乾かし作業です。しっかり乾かさないとカビの原因になりますから、乾くまで毎日ベランダに干すことをオススメします。ですが、この作業も大変重労働です。年に数回行えれば、良いものでしょう。綺麗に見えていても、実はホコリが毛に絡まっているということもありますし、ダニの繁殖の原因にもなりますから、最低限毎日の掃除機がけは心がけたほうが良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です