住まいが混みあう東京でも上手に設置して太陽光発電

太陽光発電は自然の力を利用する発電として注目を集めています。何よりも一度設置をしてしまえば、自然の恵みである太陽光で黙々と電気を作ってくれます。東京という土地柄、太陽光発電は難しいのでは?と考える方もいるかと思いますが、屋根の向きや設置技術の向上により、かなり有効な設置が可能となっています。それを支えるのはシミュレーションの正確さや、パネルの薄型化、小型化、そして高効率化もあると思うのです。小型軽量で効率が良ければ設置できる可能性は広がります。新築の住宅であれば、設計の段階からパネルを屋根に設置するということを念頭に置いて設計が出来ます。高断熱化、高気密化が当たり前となっている新築住宅では、自宅で自然の恵みを生かした発電が次のステップとして認知されています。今後の技術の発展次第では壁などにも応用できるかもしれません。

東京でも太陽光発電が普及しているのを感じます

私は東京に住んでいます。東京といっても住まいがあるのは市部です。そこでの住宅の建築現場を見てみると、かなりの確率で太陽光発電のパネルが屋根に設置されています。このような動きはだんだんと当たり前になるのかもしれません。さまざまなエネルギーの問題を解決する一助になると思うのです。太陽光発電は設置さえすれば排出する物も無く太陽の光を元に電気を発電し続けてくれます。発電時の音も無いですし、非常にクリーンであると思うのです。それだけクリーンであるだけに、天候によって発電量が変わってしまうのは仕方のないことではあります。今後は天候によっても少しでも発電量が増やせるように太陽光から電気にする時の効率化が求められると思います。また、発電した電気を夜間などに使用できるような蓄電池の普及も今後は進んでいくと思います。

東京でも目立ってきた太陽光発電の設置事例

新築の住宅を建築する時に、太陽光発電の設置を検討している方は多いかと思います。売電などもありますから上手に設置をすればかなり早く初期投資分がペイできる可能性もあります。私は東京で仕事をして、住まいも東京ですが、近所でも既築の住宅の屋根に太陽光発電のパネルを設置するお宅が目立つようになってきました。また、中古の住宅をリフォームする際に太陽光のパネルを設置している現場も何度か見ました。リフォームをして販売をするようですが、太陽光発電のパネルが屋根に設置してあると、住宅の価値もアップするのかもしれません。自然の恵みを上手に利用できるシステムですから、今後も設置する既存住宅が増えてくると思います。今後は自治体や国などで、どの程度まで補助金などを出してくれるか、そしてどこまで継続をしてくれるかも普及のキーポイントだと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です